合宿免許の基本

合宿免許のメリットとデメリット

一気に授業を詰め込む合宿免許はメリットも多いですが、デメリットもあります。

このページでは、合宿免許に行く場合のメリットとデメリットをまとめます。教習所に通うか、合宿免許に行くか悩んでいる方は参考にしてみてください。

合宿免許のデメリット

予定を開ける必要がある

合宿免許の一番のネックになるのが合宿免許の期間、予定を空ける必要があることだと思います。取る免許の種類や教習所によって最短で取れる期間は異なりますが、ATでも最短13日、ATの平均は14日か15日、スケジュールを空ける必要があります。MTだと最短で16日のところが多いですね。

最短の日数に差があるのは、休日は教習所が休みだったり、授業の詰め込み具合の差だったりします。

また、実技教習や仮免試験に落ちるとさらに延泊が必要になる場合もあります。

 

合宿免許の人気の時期ですが、合宿免許は大学生や卒業したばかりの高校生が利用することが多いです。授業期間で2週間開けるのはなかなか難しいので、どうしても春休みや夏休みに合宿免許を利用する人が多くなります。

料金も高くなるので、料金を抑えたい人はちょっと時期をずらして申し込むといいかもしれません。

授業がみっちりなのでしんどい

免許を取ることが目的なので空き時間が沢山あり毎日観光を楽しめるわけではありません。

免許を取るには、机の上で標識や運転ルールを勉強する学科の時間と、実際に車に乗って運転の練習をする技能の時間があります。

取る免許によって授業の時間は異なりますが、普通車のATで学科と実技合わせて最短で61時限(1時限50分)授業を受ける必要があります。

ATの最短日数は平均で14日なので、1日に大体4.5時限は授業があります。ここに応急救護や仮免試験が入ってくるので一日5時限くらいは授業がある計算になります。空き時間もそこそこありますが、毎日観光を楽しめるというわけではないです。

学科の授業時限 技能の授業時限
普通車(MT) 26時限 34時限
普通車(AT) 26時限 31時限

詰め込み学習なので忘れやすい

通うなら数か月から半年かけて学んでいくことを数週間で一気に詰め込むため、授業内容を忘れるのも早いと言われています。

合宿免許で浮く可能性…

合宿免許は友達と参加する人も多いですが、一人で参加する人も多いです。

一人で参加した人で「合宿免許で友達ができて楽しかった」という声もよく聞きますが、「全然友達ができない…」「ヤンキーばかりでうるさい」など合宿免許によっては孤独を感じたという声も聴きます。

心配な人は参加する前に合宿免許の口コミを調べてから申し込むといいですね。

合宿免許はカラオケ施設やビリヤードなどの設備が充実していて友達と参加する人が多い所や、バイクの免許を取るために合宿免許に参加する人が多い所、シングルの申し込みが多い所、相部屋がある教習所など色々あります。自分にあった合宿免許を見つけてくださいね。

合宿免許の予約サイト免許合宿ライブだと今どんな人が予約しているか?男性が多いのか?女性が多いのか?人気のホテルは?などの情報が詳しく見れるので、どんな教習所があるかをざっくり見たい人にはおすすめです。

嫌になっても帰れない

合宿免許はすでに授業の予定が組まれているのでもう嫌だから帰りたいとかは難しいです。卒業まで2週間以上かかり期間も長いので、合宿免許は慎重に選びたいですね。

合宿免許のメリット

普通に免許を取得するより安い!

合宿免許は普通に教習所に通うよりも安いです。普通に教習所に通う場合は授業料だけで25万円から35万円かかりますが、合宿免許だと20万円から35万円で卒業できます。さらに、申し込むプランによりますが、合宿免許には交通費やホテル代、食事代が含まれていることも多いです。

「2週間ホテルで暮らし、食事も勝手に出てきて、観光もできて、普通に教習所に通うより安い」というのは合宿免許の大きなメリットですね。

合宿免許は時期によって値段に差があります。大学生や高校生の申し込みが多い夏休みや春休みなどの繁忙期は料金が高めですが、安い時期は本当にめちゃくちゃ安いですよ。

あわせて読みたい
合宿免許の料金の基本!安い教習所を探すポイントと選び方のコツ合宿免許は教習所によっても申し込むコースによっても10万円以上差があります。ただ、合宿免許そのものの安さは重要ですが、合宿免許は料金が安...

短期間で教習所を卒業できる

通学で教習所に通うと、教習所を卒業するまでに数か月はかかりますが、合宿免許だと2週間~3週間で卒業できます。

教習所に通うと途中で面倒になって卒業できなかったという人や、途中で飽きて期間があいたから勉強していたことを忘れて技能研修が追加になった…仮免のテストを受けるために学科の復讐が一から必要になった…という人も良く聞きますが、合宿免許にはその心配がありません。

安いし、強制的に卒業まで行けるし、めんどくさがりの人にはかなりおすすめですよ。

友達と旅行気分で参加できる

合宿免許は友達と参加する人も多いです。相部屋プランがある教習所や、カラオケやダーツ、卓球、漫画コーナーなどの設備が充実している教習所も多いので、友達とワイワイ旅行気分で楽しみたい人は良いですね。

合宿免許の口コミを調べていると、部屋で楽しそうにゲームをしている写真があったり、観光している写真があります。「楽しかった」「帰りたくない」も多く、大学や高校の友達どおしで参加するといい思い出になるんだろうなと思います。

 

夏休みや春休みの時期は値段が高いですが、普通に旅行に行く場合でもこの時期は値段が高いです。結局免許を取るにはお金も時間がかかるので、一緒に参加できる友達がいるなら旅行を兼ねて合宿免許に参加するというのはありですね。

勝手に授業のスケジュールを組んでもらえる

通学で教習所に通う場合、自分で授業を予約したりスケジュールを組む必要があります。その予約もなかなか予約が取れず空いてる授業を探して予約サイトに張り付いたり、意外と面倒だったりします。それに対して、合宿免許だと勝手にスケジュールを組んでもらえるので楽です。

スポンサードリンク